これは私がつくったものです!

COMPANY

有限会社 PMCサービス 代表取締役  阿刀田 実

ご郵送先 〒330-0045 埼玉県さいたま市浦和区皇山町 5-22

メールフォームでのお申込み

Fax. 048-831-7174

Timejudge タイムジャッジ とは?

新しい権利保護の手段!

アイデアや発明など創作物の権利(知的財産権)を保護するための新しい手段です。タイムジャッジの認証を受けた創作物であれば、最初に創作した人が「これは私がつくったものです」と証明できます。

Timejudge タイムジャッジ のメリット!

Timejudge 証明までの流れ

アイデア・発明などの権利を守る「Timejudge」

行政書士によるタイムスタンプ等付与書

特許を取らなくても、創作物の権利を守れるTimejudge(タイムジャッジ)。保護できる創作物は、アイデア、発明、説明書、契約書、設計図、歌詞、曲、絵、写真、ホームページなど様々です。特許より安く簡単に権利を守れるため、今、会社の経営者や技術者、研究者、大学教授、クリエイターなど企業・個人を問わず多くの方に活用されています。

「アイデアを盗用された……」
「企画を勝手にマネされた……」
「特許を取るにはお金も時間もかかる……」

タイムジャッジなら、こんな心配は無用です。同一類似の発明や著作を行った他者から「権利侵害だ」という指摘されることがありません。技術や発明など企業の機密情報が社外に流出するのを防ぐため、企画書やゲームなどのアイデアを他社に持ち込む際のリスクヘッジとして、公表前の作品の著作権を守るため、ぜひタイムジャッジをご活用ください。

先使用権で企業防衛を!

記録内容等明細書

タイムジャッジによる認証を受けることで、「先使用権」を確保できます。先使用権とは、これからの企業防衛に欠かせない重要な権利です。

簡単にご説明すると……例えば、あなたがある発明をしたとします。それと同じ発明でAさんが特許を取ったとします。本来、特許権者であるAさんには「独占排他権」が認められますが、あなたが「Aさんが特許を取る前に発明していたこと(=先使用権があること)」を証明できれば、特許権の影響を受けずに済みます。つまり、自分の先使用権を証明できれば、他者の特許権に束縛されないということです。

この先使用権の証拠として大きな役割を果たすのが、タイムジャッジなのです。

 お知らせ:
2015年3月PMCのサイト http://pmcsv.org を取り込み一体化いたしました。
2012年11月 旧ホームページ http://www.pmcsv.com は、本http://pmcsv.com/に移転いたしました。