特許取得とTimejudgeの違い

特許より簡単&安価な「Timejudge」

アイデアや発明の権利を守る手法として、もっとも有名なのは「特許」です。特許の最大のメリットは、「独占排他権」が得られること。企業は特許権を取得することで「市場での競争優位性を得られる」「自由な企業活動を確保できる」「特許収益を獲得できる」など、様々なメリットを得られます。

しかし、特許はメリットばかりではありません。申請する際には様々なコストがかかり、取得後も多額の維持費がかかります。また、権利が確定する前に内容が公開されるためアイデアが転用されてしまうリスクもあります。経費に対してメリットが少ないようであれば、特許は持っている価値はありません。今後は、特許を出願することなくアイデアやノウハウを秘匿化するという選択肢も必要になってくるでしょう。

そこで、おすすめしたいのがタイムジャッジです。

Timejudgeと特許 どっちがいい?

  特許 タイムジャッジ
時間 出願してから特許権の取得までに時間がかかります。出願が審査されるまでに平均で1年半、最低でも1年はかかります。場合によっては5~6年かかることも。そのため、必要なときに権利化できていないといったことも起こり得ます。 タイムジャッジなら手続きに時間がかかりません。アイデアや発明を送ってから最速で即日、通常約1週間で認証が完了します!
手間 特許権を取得するためには、特許庁に出願し、必要な要件を満たしているか審査を受ける必要があります。もちろん自分でも出願できますが、手続きが非常に煩雑で専門的なため、弁理士などの専門家に依頼するのが一般的です。 タイムジャッジなら手間がかかりません。権利化したいアイデア・発明を郵送するかメール・FAXで送るだけで認証を受けられます!
費用

特許を取得するには、特許庁に納める費用や代理人への手数料が必要になります。

【特許庁に納める費用】
■出願費用:15,000円
■審査請求費用:約200,000円
■特許料:3年分として約12,000円

【取得後の維持費】
4年以降も権利を維持したい場合に必要

【代理人への手数料】
弁理士(特許事務所)によって異なる

タイムジャッジの認証料は1件につき21,000円から。特許に比べて非常にリーズナブルです!
リスク 特許を出願すると、1年半後に内容が公開されるため、他者に技術開発のヒントを与えてしまったり、アイデアを転用されてしまったりといったリスクは避けられません。自社の技術開発情報を把握されてしまうだけでなく、しっかり分析されると長期的な経営戦略まで読み取られてしまいます。 タイムジャッジの認証では、内容が公開されることはありません。認証を受けたアイデア・発明の情報を保管するのは利用者自身。他者に知られてしまうリスクはほとんどありません。