あとからみのる

私の半生を綴る記事を、知人のブログに投稿して載せてもらっていました。
書くこと自体が、とても楽しかったことを覚えています。

戦時色の濃かった若き日。 生きること自体が目的だったころを振り返ると、現代の生活とは隔世の感を禁じ得ません。
今に、そして将来へ。
一人の日本人としての、「心」の記録が少しでも伝われば、それで幸福です。

阿刀田実の「あとから 実る」 YAHOO!JAPANブログのアーカイブ(保存).PDF

1 「故郷・・・冬の長岡」
2 「故郷・・・雪の記録」
3 「故郷・・・子供の遊び」
4 「故郷・・・雪ん子スキー」
5 「故郷・・・雪国事情」
6 「故郷・・・園児の頃」
7 「故郷・・・お遊戯」
8 「故郷・・・閻魔様」
9 「故郷・・・言い伝え」
10 「故郷・・・”だんご”」

1-10.pdf

11 「故郷・・・昔昔~子供のおやつ」
12 「故郷・・・マラソン・水泳」
13 「故郷・・・想い出」
14 「故郷・・仙台-長岡お菓子物語」
15 「故郷・・・戦前のこと」
16 「故郷・・・夢列車」
17 「故郷・・・田舎なまり」
18 「故郷・・・褒めて伸びる」

 11-18.pdf

19 「故郷・・・長岡-東京・・戦時下」
20 「故郷・・・進路は何処」
 19-20

戦時中を語る[あとから実る]阿刀田実
Youtube動画(写真クリック)

21-30 米軍強し 雪の停車場 学徒動員 高麗米 戦時下のこと 故郷から寮生活~戦友  故郷~戦場・・・B29 戦場戦禍・・・ 戦場~防空壕 ・・グラマン

31-40
41-50
無条件降伏 敗戦国の惨状

43,44 「進学の志」「東京~学生~下宿」

51-60
61-70
71-80 父の死・ 長岡から浦和へ
三輪自動車「オリエント」号開発
81-90.pdf
91-100.pdf
101-110.pdf
111-117.pdf


2013 浅草神谷バーにて似顔絵を描いていただきました。
(事務所に飾っています)

 

131~140 141~