タイムジャッジの説明  
 
 
 
    お客様のアイデア・ノウハウ・著作物・本人証明等を電子化します。
(電子文書もあれば一緒に送ってください。)

 本人の証明(免許証・保険証コピー等)も一緒に電子化します。
お客様のアイデア等文書
 
 
電子化した文書にタイムスタンプと電子署名を付与

タイムスタンプと電子署名を付与 

電子文書はいったん細かく暗号化されて、国家標準時局へ送られ日時情報が付加されます。
同時に、行政書士の電子印鑑(電子の実印)も付与

これで、「だれの」「なに」を、「いつ」「だれが」処理したかの情報が確定されます。
 
 さらに公証人確定日付を付与
タイムジャッジ文書は謄本(紙文書)として、公証役場にて公証人確定日付を付与
(タイムジャッジアドバンスの場合)

これにより、法的根拠が生じます。

タイムジャッジ文書
確定日付には、タイムジャッジ文書を記録したCD-ROMも含まれますので、
改ざん不能な文書全体が確定日付されたことになります。
(文書としての確定日付の内容自体が、タイムスタンプで裏づけされたことになります。)

これは、タイムスタンプと確定日付との相乗効果です。
 

さらに
 タイムジャッジ文書は、「 タイムジャッジ文書.pdf 」として、タイムスタンプ+電子署名が付されていますが、
これは、自由に複製することができます。
(複製・コピーされたものも原本と同一内容、同一効果です。)

ご自分でCDRやハードディスクに保存したり、
他人にメールで送るなどが自由にできます。
 
しかも
この「 タイムジャッジ文書.pdf 」のハッシュ値を取り、確定日付文書に記録しています。
また、別の機関によるタイムスタンプも付しています。
 
つまり
二重にも、三重にも改ざんできない工夫、強力な証拠として証明する工夫が取られています。 
 
 
タイムジャッジ作成 全体の流れ 
 タイムジャッジができるまでの流れ
 
このように、タイムジャッジは一見簡易なようですが、
実は緻密(ちみつ)で繊細(せんさい)な処理を要求される多数の段階を通して作成されます。

一連の処理を正しく行える一つの裏づけとして、文書情報管理士の資格も有しています。

               >タイムジャッジのメリット

  タイムジャッジの流れ
タイムジャッジと確定日付の比較
タイムジャッジ アドバンス
タイムジャッジ文書サンプル 
タイムスタンプの二重付与
タイムジャッジの法的根拠
タイムスタンプに関する参考情報
タイムスタンプの有効性確認方法


タイムジャッジ ホームへ戻る